青汁の選び方
あなたの食生活、野菜足りてますか?青汁に関する調査結果
青汁の商品力ランキング

ライフアップ
菜善青汁

やずや
養生青汁

マイケア
ふるさと青汁
キューサイ
粉末青汁
グリーンハウス
レモンの青汁
ファンケル
ファンケル青汁
グリーンハウス
天然青汁
キューサイ
はちみつ青汁
アサヒ緑健
緑康青汁
サントリー
極の青汁
青汁の豆知識
青汁の
上手な選び方
青汁は現在、数多くのメーカーにて種類がありますが、その中で選ぶポイントは大きく分けて「価格」「続けやすさ」「栄養素」の3つに分かれます。
価 格
価格は商品1箱の価格を基本見がちですが、最終的には続けられやすい価格、すなわち定期コースなどでの割引率がとても重要になってきます。各メーカーによってその割引率も違いますので、お得に続けたい方は1日○円と計算してみて納得がいく青汁を選ぶとよいですよ。
続けやすさ
2つ目は、いかに続けられやすいか。それは上記の価格もそうですが、香りや味、カロリーも大きなポイントになってきます。自分に合ったタイプが見つかると思いますので、一度メーカーに問い合わせてみることをオススメします。
栄養素
3つ目はみなさんが青汁を飲む一番の目的「栄養素」ですね。 青汁はビタミン、カルシウム、食物繊維等、不足しがちな栄養素が含まれています。原料によって含まれる成分や量が異なりますので、現在の食生活を見直してみて、必要な栄養素を理解した上で自分に合ったタイプものを選ぶようにしましょう。
青汁の代表的な成分
鉄 カルシウム カロチン(ビタミンA) ビタミンC ビタミンE ビタミンB群 ビタミンU カリウム マグネシウム 葉酸 メラトニン SOD フラボノイド クロロフィル ルティン 食物繊維
緑がおいしい青汁

青汁に関する調査


青汁飲用経験

Q1.あなたは、最近1ヶ月の間に「青汁」を購入・飲用されましたか。
※形状は「液体」「粉末」など問いません。

青汁購入場所

Q2.あなたはどちらでその「青汁」を購入されましたか。
あてはまる場所をすべてお知らせください。
(いくつでも)


【重要】子供が野菜不足になるとどうなるの?

成長期の子供さんは、匂いのきつい野菜が苦手な子供が多い。また、触感が苦手なのか、何かのきっかけなのか、野菜をほとんどたんべない子供さんに悩んでいるお母さんが少なくありません。

成長期の子供さんが野菜不足になると、以下のことが起きます。

ビタミンCが不足すると、元気がでません。カルシウムが不足すると、骨や歯の成長に影響します。
野菜に含まれるビタミンが不足すると、脳の栄養が不足するため集中力に影響します。
緑黄色野菜に多く含まれるビタミン、ミネナル、食物繊維が不足すると体調が整わず、元気が出ないです。

実際に厚生労働省のデータでも子供の「栄養不足」が指摘されています!

野菜不足の子供は便秘になりがちです。

食物繊維が不足し、腸の働きが悪くなり便秘を引き起こす原因になります。最近は外で遊ぶより室内で遊ぶ子が増えているようで、それも便秘に影響しているそうです。

活動的に動くと庁の働きが良くなるので体を動かすことも大切なのです。

その他、子供の精神面にも影響すると言われています。

最近情緒不安定の子供が増えていると言われていますが、その原因の一つがビタミン・ミネラルの不足だと言われています。

ビタミンやミネラルが不足すると脳の働きが悪くなり、気分の浮き沈みに影響します。その際に生じるストレスでビタミンCが大量に商品されるので、野菜不足だとビタミンCも不足することになります。

このように野菜不足は様々な場面に影響してきます。野菜をたくさん摂ってバランスすのよい食事をこころがけましょう。


じつは日本人の死因の約6割が「生活習慣病」

生活習慣病とは、文字通り「食生活や運動の習慣、ストレス、タバコによる生活習慣が原因となって発症する病気」の総称です。実際、最近よく耳にすることが増えた病気の中には、生活習慣病である病気も多いのです。
生活習慣病の中には自覚症状がないまま進行し、気づいたときには症状が重くなる病気もあるので要注意です。

しかも驚くことに、日本人の死因のトップは生活習慣病で、中でも「ガン」「心臓病」「脳卒中」は3大生活習慣病と呼ばれ、これら3つの病気で死亡原因全体の約6割を占めるほど。
その意味でも、日頃の食事・運動・ストレス・喫煙・飲酒等の生活習慣をもう一度、見直す必要があるかもしれません。

まずは、食生活から見直しましょう!

かつての日本人の食生活は、野菜や雑穀を中心とした食事でした。
ところが戦後、欧米型の食生活が進んだことで、野菜や穀類などの摂取量が減り、肉類中心の食生活へと偏ってきました。
野菜や穀類などの摂取量の減少は、人間の健康維持に不可欠な体内のビタミン・ミネラル等の恒常的な“不足”を招いたのです。ビタミンやミネラルは、人間の体内でほとんど作ることが出来ません。
しかし、これらが不足すると体内の様々な機能が正常に働かず、「健康な状態」を維持することが難しくなるのです。だからこそ、毎日の食生活にもっと『野菜』が必要なのです。

野菜の1日当たり摂取量350g

日本人の食生活と生活習慣病との関係を調査してきた厚労省は、両者の間には深い因果関係が疑われることから、「健康日本21」を策定しました。その中で成人が1日に摂りたい野菜の摂取目標量を350gと決めています。

野菜に含まれる栄養素の減少

近年、土壌の悪化や季節に関係なく収穫するための品種改良等により、野菜そのものの栄養価が減少していると言われています。例えば、ほうれん草(生)の栄養素を1951年時と比較すると、ビタミンAはわずか30%、ビタミンCは20%、鉄分は15%程度しかなくなっているのです。

Copyright (c) 2009 青汁の選び方. all rights reserved.